MORIFUJI COFFEE – 森藤珈琲について

morifuji-coffee-cupping

Coffee roasting is ART – コーヒー焙煎はアート

焙煎士が100人いれば、100通りの焙煎方法があり、同じ豆を同じロースト度に仕上げてもそれぞれ味が異なってきます。見た目ではほとんど区別がつきませんがカップには現れてくるのです。コーヒー焙煎は生豆を焼くという一見してシンプルな作業。シンプルにも思えるその中に多様さを秘めています。

コーヒーは植物の果実を精製し乾燥させたものを焙煎し味に変化をもたらせたものです。コーヒーの生豆が元々持っているのは酸味主体の成分で、甘味や苦味などは焙煎により後からもたらされたものです。

一粒のスペシャルティコーヒー豆の中には様々なフレーバーが潜んでいます。例えれば、花のようなフルーツのようなフレーバー。これらは浅煎りにて生豆の酸味成分が色濃く残ったもので、コーヒー豆が果実であることを思い出させます。また、深煎りでのビターチョコのようなフレーバーは焙煎によって後からもたらされたものです。

もちろん本物のフルーツやチョコレートではありませんからそのものの味がするわけではありません。しかしコーヒーが黒いだけの液体なのかと言えば別の何かも感じます。その何かを表現し違いを伝えるための例えとして○○のようなと想像を膨らませています。

MORIFUJI COFFEEでは焙煎の過程に於いてそれぞれのフレーバーの元を開いたり閉じたりするようなイメージを持ちながら焙煎を進めていきます。口に含んだ瞬間、鼻を抜けた時に感じるフレーバー、そして後味、余韻。一杯のコーヒー、そのひと時をいかに印象的なものにできるのかを考えています。

SCAA/CQI認定Qグレーダーが厳選したスペシャルティコーヒー

MORIFUJI COFFEEの代表兼ロースターの『 TOMOMICHI MORIFUJI 』は国際的なコーヒー鑑定の資格「SCAA/CQI認定Qグレーダー」を保有しています。専門的技能者としてコーヒーを客観的に評価をすることができます。

ニュークロップのスペシャルティコーヒー

MORIFUJI COFFEEでは、ニュークロップスペシャルティコーヒーを中心に取り扱い、徹底した品質・鮮度の管理の元に自家焙煎しています。

独自に改良を重ねた熱風・半熱風ハイブリット焙煎機によるクリーンで香味の高いコーヒー

高品質なスペシャルティコーヒーの生豆が持つ華やかな酸味・甘味・フレーバーを引き出す為に、焙煎機メーカと協力し独自に改良を重ねた熱風・半熱風ハイブリットは圧倒的なカロリー供給と強力な冷却、そしてきめ細かなコントロールが可能。生豆本来の持ち味を活かしたクリーンで香味の高いスペシャルティコーヒーを体験してください。

焙煎仕立ての豆を焙煎所からダイレクトにお届け

MORIFUJI COFFEE の通販では、焙煎仕立てのコーヒーが味わえるように配送日数を含めてお客様のお手元に届いた頃に飲み頃が始まるようなイメージを描いて出荷しています。

カフェやコーヒー店向けの卸とオリジナルコーヒーの開発

カフェやコーヒー店向けの卸やオリジナルコーヒーの開発も行っております。自店だけのオリジナルパッケージやオリジナルブレンドを作りたいというご要望にも小ロットから対応しております。お気軽にお声がけください。

資格・受賞

SCAA/CQI 認定Qグレーダー ( 国際コーヒー鑑定士 )

RMTC ローストマスターズチームチャレンジ 2015 (チーム戦) 準優勝
RMC ローストマスターズチャンピオンシップ 2014 (チーム戦) 3位入賞

MORIFUJI COFFEE – 森藤珈琲


MORIFUJI COFFEEのSNSアカウント

Facebook : Morifuji Coffee
instagram : morifuji_coffee
Twitter : a4rt_com – アートと珈琲と私

公開日 最終更新日 2017/08/20 MORIFUJI COFFEE