シナモンローストについて

シナモンローストはローストの8段階の中で2番目に浅いロースト度合いとなります。

ライトロースト < シナモンロースト < ミディアムロースト < ハイロースト < シティロースト < フルシティロースト < フレンチロースト < イタリアンロースト

シナモンローストは色味がシナモンと似ていることからそのような名前がつけられました。シナモンローストはローストの過程により生豆が持つ渋みが酸味に変わったあたりの浅い焙煎です。口当たりが軽くスッキリした味わいです。もう一段ローストを深めるとミディアムローストとなりボディーや若干の苦味も現れ始めます。

日本では良く飲まれるロースト度は ハイロースト - シティロースト - フルシティロースト で酸味 ~ 苦味の中間的なものが好まれる傾向があります。

近年はコーヒー界の先端を行く米国のサードウェーブコーヒーの流れが国内にも浸透しライトローストやシナモンローストも飲まれるようになってきました。

高品質のスペシャルティコーヒーの需要と生産が活発になるに伴い、今までより浅目のローストで素晴らしい風味を出せるようになってきた背景もあります。

国内のスペシャルティコーヒーのシーンでもシナモンロースト、ミディアムロースト、ハイローストあたりの浅煎り~中煎りの認知が進み、今後益々飲まれるようになってくるものと思います。

MORIFUJI COFFEEのシナモンローストは甘酸っぱいフルーティーな風味が出るように工夫をしております。それには高品質な生豆と適正な焙煎が欠かせません。

公開日 最終更新日 2016/11/17 MORIFUJI COFFEE

関連記事